学習塾との違い

家庭教師を選ぶ前に

家庭教師を選ぶ前に

家庭教師と学習塾、どちらがお子様に合っているのか迷っていらっしゃる保護者の方も多いのではないでしょうか。
もちろん家庭教師と学習塾のどちらにも良い点があります。2つのメリット、デメリットを比較してみましょう。

【学習塾】
メリット

大手学習塾は、合格実績や指導カリキュラム、受験情報が充実しています。
他の子どもたちと机をとなり合わせて授業を受けますので、競争心が芽生え成績も伸びる傾向にあります。

デメリット

集団授業なので分からないところを質問しづらいと感じるお子様もいるようです。また、一人一に合せた授業ができるわけではありませんので、一度ついていけなくなると成績が上がる傾向にあります。

こんなお子様に向いています
  • 自分で勉強する習慣がついているお子様
  • 積極的に質問できるお子様
  • 競争心が強いお子様
【家庭教師】
メリット

家庭教師の先生が教科ごとの得手不得手まで把握できますから、お子様に合わせた細やかな指導ができます。
振り替え授業など、時間の融通が利きます。また通学時間が不要ですから、時間を有効に使えます。近くに学習塾がない場合は、何十分もかけて通うよりも、通学時の安全性や親御さんの負担を考えると家庭教師の方がお勧めです。
家庭教師は学校や塾の教科書・テキストはもちろん、勉強以外についても質問があれば答えることができます。

デメリット

お子様によっては、自宅での授業なので次第に緊張感が薄れ甘えが出る子もいます。

こんなお子様に向いています
  • 自分で勉強する習慣がついていない子
  • 学校の授業などで先生に積極的に質問できない子
  • 部活や習い事で忙しい子

家庭教師も学習塾も授業を聞いているだけでは、先生の話など右から左に素通りしてしまうだけで、決して成績は上がりません。
お子様の毎日の勉強をきちんと見てあげられるのは、親御さんです。
家庭でできる予習や復習は、親御さんがサポートしてあげて、家庭で補えない部分について目的を定めて家庭教師や塾を使うと、学力もアップしやすくなります。

家庭教師の費用

家庭教師の費用

塾に比べて割高なイメージある家庭教師ですが、実はそうでもありません。
1回の授業料を比較すると、家庭教師の場合、1対1の指導ですので授業料は高くなる傾向にあります。しかし、マンツーマンでじっくり学習できる家庭教師では、1回の授業も内容の濃いものになります。週に2回以上塾に通っているお子様なら、1ヶ月の授業料を比較すると、家庭教師の方が安くなる場合もあります。

家庭教師の日本学術講師会の例
指導料金
  • 幼児・小学・中学 1回 1.5時間 3,000円(税別)より *指導は、1〜2回で十分です。
  • 高校・浪人生 1回  2時間 5,000円(税別)より

※2人同時指導の場合は大幅な割引特典があります。
※模試、資料等やプロ講師、外国人講師は別途料金です。

詳しくは日本学術講師会オフィシャルホームページ

家庭教師1ヶ月無料体験 こちらから 有名予備校講師によるインターネット自宅学習システム e点ネット塾 インターネット家庭教師 家庭ネット e点ネット塾Plus